自転車はどっちで買う!?大型店と小中型店!

自転車の沢山ある大型店の魅力

実店舗を持つ自転車店を2つに分けるとすれば、大型店と小中型店の2つに分けられると考えられます。大型店はチェーン展開しているタイプが多く、接客・販売等がマニュアル化される傾向があります。このタイプの店は自転車の購入以外でも、パンク修理・チェーン交換等の比較的簡易な修理で利用するのであれば、コストパフォマンスに優れていると言えるでしょう。また自転車を置く為の物理的なスペースが広く、様々なバリエーションの試乗車が用意されている事が多いのがメリットです。ですから欲しい自転車が決まっていない場合には、出掛けて行き気軽に試乗車に乗らせて貰い納得してから購入出来ます。

侮れない小中型店タイプの自転車店

対して小中型店にはいわゆる街中にある昔ながらの自転車店が多く、お客さんとのコミニュケーションを密にする傾向があります。特にロードバイク等のスポーツ車を中心に取り扱っている店では、高いスキルが要求され、ミリ単位の精度のメンテナンスが必要な作業も対応してくれるので安心出来ますよね。大型店とは異なり販売とメンテナンスの役割が特に決まりが無く、自転車購入希望者のリクエストをストレートに伝えやすいメリットがあります。とは言え、在庫はそれほど置かないので取り寄せ対応になるのが普通です。また試乗車が用意されていない場合は、何処かで試乗してから購入するのが賢明です。店の方針によりますが店内に陳列している自転車は、バラエティに富みます。昔ながらのシティサイクルに加えて、流行りの電動アシスト自転車の用意も今や常識です。更にはロードバイク・マウンテンバイク、子供用自転車も用意されている事もあるでしょう。ですから、大型店に引けを取る事はありません。

名古屋の自転車のショップならば、品揃えが豊富です。大人気の車種も取り扱っていますし、安価で販売している自転車もあります。