貸切バスを利用するときに気をつけることとは

貸切バスでオリジナルのツアーを楽しみましょう

サークルや自治体で団体旅行を企画するときは、貸切バスを利用すると便利です。自由に行き先が選べるため、参加者の希望にあったツアーにすることができます。企業だけでなく自治体でレンタルサービスをやっているところもあるので、一度区市所等に問い合わせてみるのもおすすめです。借りる際は貸切バスだけのときと、運転手込みの場合があります。貸切バスのみの方が一般的に安いですが、自分たちで運転しなくてはいけません。マイクロバスの運転は、普通自動車だけでなく中型免許も必要になるので注意が必要です。免許を持っていても普段乗り慣れていないなら、運転手を頼んだ方が良いでしょう。

マイクロバスを運転するためには

貸切バスで一般的に借りることができるのは、バスの中では比較的小型のマイクロバスです。マイクロバスの定員は自動車メーカーや車種によって異なるので借りる際に確認しておくことが大切です。マイクロバスは多少細い道も走れますし、大型の観光バスに比べて駐車場スペースにも困りません。ただし、小型のマイクロバスでも運転には中型免許が必要になるので注意が必要です。中型免許でも8トン限定では運転できないなど、細かな制限があるので借りる際には必ず確認しておきましょう。運転が難しい大型の観光バスを利用したいときは、運転手付きでレンタルするのが一般的です。返却するときは、一般的なレンタカーとほぼ同じと思って問題ありません。ガソリンを満タンにする他、車内に忘れ物がないか確認します。業者がやってくれるとはいえ、返却する際は車内のゴミ等は自分たちで処理しておくのもマナーです。

貸切バスとはバスを貸し切ることをいいます。旅行会社などが客にバスが旅行などを提示して、ある程度参加人数が集まると実行されるなどそのさその手法は様々です。