ランドローバーで、アフリカを走ってみたい

ランドローバーの魅力

そっと目を閉じて、Land Rover(ランドローバー)という車を思い浮かべてみてください。がっちりとした車体で、悪路をものともせずに走る車。でも、ただがむしゃらにオフロードを走る車かと思いきや、英国生まれのこの車には、どこか紳士の風格というか、上質で気高い匂いがする。ランドローバーには、野生のような荒々しさと、サテン生地のような高級感とをあわせもったような不思議な魅力があります。

ランドローバーで思い出す、あの映画

オフロードもオンロードも走るランドローバーですが、ランドローバーと言えば、やはり、オフロードを駆けるタフでワイルドなイメージを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。1990年代の映画で『イングリッシュ・ペイシェント』(The English Patient)というものがあります。ランドローバーと全く無関係なこの映画ですが、ランドローバーが砂漠を走るシーンを見ると、なぜかこの映画を思い出します。北アフリカの砂漠を舞台にした映画ですが、気品あるこの車と第二次世界大戦下の砂漠の出来事が素敵に絡み合い、脳裏に浮かびます。ランドローバーの持つ品のある荒さが想像力を高めてくれるのかもしれません。

ランドローバーで、砂漠を冒険してみたい

かつて「砂漠のロールスロイス」と呼ばれたランドローバー。英国の気品を漂わせ、かつ高級感あふれるSUVのランドローバーで、いつかアフリカの砂漠を思いっきり走ってみたい。そんな風に冒険心を駆り立て、大人になっても無邪気な子供のように心躍らせる車、それがランドローバーの大きな魅力ではないでしょうか。

ランドローバーの中古車を買うと、燃料代や車税を払う必要があります。維持費が必要となるため、購入後のコストも考えなくてはいけません。