レンジローバーを中古車で購入する場合の確認ポイントとは!?

修復歴の有無を重視して販売店を選ぶ

一般的に中古車を購入する際には、修復歴の有無をしっかり確認することが大切です。事故によってフレームや外板がダメージを受け、それを修復した場合は履歴として残ります。そして、レンジローバーはタフなタイプの車なので、アウトドアやオフロードで使われることも多いです。そのため、修復する機会が多いと考えられます。したがって、修復歴があるかどうか、修復されていればそれがどのような影響を与えるかを考えた方が良いです。また、修復歴は悪意があると隠せてしまうため、隠さない優良な販売店を選ぶことも欠かせません。

試乗で走行性能を確認

中古車のレンジローバーは当然、新車よりもどこかが劣化しています。そして、なるべく劣化が少ないものを選ぶことが望ましいです。特に走行性能に関わる部分が重要です。それを確かめるためには、試乗できることが望ましいです。加速した際に突っかかるような感じがしたり、ハンドルを切る際に左右で重さが違ったりしないかを確認しましょう。また、シャフトの歪みを知るために、走行中の異音を確かめるのも大切です。中古車は試乗してみて初めて実感できる劣化が数多くあるので、何らかの事情で試乗ができないのであれば、そこで購入するのは避けた方が無難です。

見えにくいところもしっかりチェック

中古車のレンジローバーは、見えにくい部分が劣化している恐れもあります。特に運転席のマット下や、ボディの底面などは見逃しがちです。もし、見えない部分ですでにある程度劣化が進んでいれば、最終的に乗れる期間が短くなる可能性があります。そのため、隅々までしっかり確認しましょう。確認する作業を面倒臭がってはいけません。

レンジローバーの中古車は、主にSUV車の愛好家の間で需要が高く、全国の店舗やオンライン上で販売されています。